2008年 06月 02日
簡易燃料調整装置 AFCmoto
e0086353_1854847.jpg


e0086353_18542183.jpg


インジェクションのスクーターに対応する簡易燃料調整装置
「AFCmoto」が新発売になります。

純正コンピューターの配線に取り付け、フロントボリュームを回すだけで
簡単に燃料の増減ができます。
増減幅は、-10%~+20%まで。
マフラー交換やエアクリーナー交換、また、気温や気圧の変化による
微調整が可能となります。

燃料調整が必要になる理由はいろいろとありますが、
主だったところは以下の通りです。

1.マフラーやクリーナーを交換した場合、吸排気効率が変わるために、
  燃料セッティングを行うことにより、本来のパワーが発揮できます。
2.純正コンピューターは、エンジンが簡単に壊れない様に安全マージンを
  取っています。その為パワー、トルク、レスポンスが悪く、この安全
  マージン(燃料を薄くする等)を少し削る事でエンジンが持っている
  ポテンシャルを発揮することができます。
3.燃費が悪い場合、AFCmotoのツマミをマイナス側に調整すれば
  燃費が向上します。
4.その他、インジェクター容量のアップや、燃圧アップなどのチューニング
  にも対応できます。

AFCmotoは、ボリュームを回すだけで、全域での燃料を、
-10%~+20%まで増減できます。
(+側は、圧力センサー限界域までの調整)

ボリュームはポップアップ式のために、普段は、引っ込んでますので、
不用意な操作を防止できます。
また、圧力センサー出力レベルメーター付きで、燃料の増減が目で見てわかります。

AFCmotoの取り付けは、純正のコンピューターに4本の配線を行うだけです。

対応車型は、

マジェスティSG20J  グランドマジェスティ250/400
マジェスティ125(EFI)  マグザム
TMAX(インジェクション)  シグナスX(EFI)

フォルツァMF10  シルバーウイング400/600

スカイウェイブ250/400 (43/44/45/46)
スカイウェイブ650
アドレスV125

です。まだ対応車種は増やしていく予定ですが、
すいませんが、MF08フォルツァには対応できません。

6月中旬発売予定。

価格は、23,100円(税別)です。
[PR]

by apr-31 | 2008-06-02 18:54 | THREE ONE


<< 約束      MF10フォルツァ エアロパー... >>